こんにちは。

今の仕事環境の給料に満足していますか?

フリーランスエンジニアになれば、2倍以上の所得を得る人がほとんどで、会社員の人と感覚が違って困るほどです。

今回、私がフリーランスエンジニアを9ヶ月務め、実際に感じた体験を元に実態をお伝えします。
生々しい話。

合わせて読みたい
フリーランスエンジニアの報酬は?あなたの枯れた報酬を2、3倍に!
正社員のシステムエンジニアが今すぐフリーランスになるべき重大な理由
20代フリーランスエンジニアが4ヶ月目で実態を語る

フリーランスエンジニアは、給料が上がり、自らの裁量で仕事するため上司の軋轢なし、上下関係を意識することなく、むしろ対応、強いてはフリーランスは個人事業主、つまり社長です。自らの力、これはスキルあるなし、そして対応力など、総合して仕事に取り組むわけです。
ここでフリーランスになる上での不安を解きほぐしてください。

一生満足のいかない給料のまま生涯を閉じるのですか?それが嫌ならば、フリーランスになる決断をすることです。
今なら案件がたくさんあります、早い者勝ち。エージェントから他に並行して営業しているか確認があり、エージェント1つでは後回しになり、中々案件が決まりません。必ず2つ登録してライバルより先に優良案件を獲得してください。
レバテックフリーランス

ギークス

遠目に「フリーランスだからなぁ〜」と言われた。

20代のフリーランスエンジニアが、正社員であるあなたの職場にやってきたら、どのように思いますか?
実際のところ、あくまで傾向ですが、年配の方ほど、「若くしてフリーランスなんて・・・」なんて思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか?
実際に遠目に「フリーランスだからなぁ〜」。とぼやかれたこともあります。
いや、なんの関係もありません。
フリーランスになったら、その人の身に何か特別な何かが起こるのでしょうか?
先入観だけでその人を決めつけて、幅を持って見ていない。
この学校に所属してるからこんな人、は一部理解の役には立っても、こんな人間とはめるには軽率だと思います。

と、フリーランスだから、って目の色を変える輩がおりますが、まぁ、それも最初だけでした。
僕は次の日休んだら「大丈夫ですか?」と本人に心配されました。
大丈夫じゃないから休んだのですが、休んで回復したので、「大丈夫です。」と答えました。
そういう風に思う気持ちもわからなくないです。でも口が軽すぎます。

仕事をきっちりあげることが求められる。

会社員であれば、最悪、仕事が上がらなければ他の社員が助けてもらう空気があります。

しかし、フリーランスには、特に序盤はありません。
序盤1、2ヶ月は様子見です。どんな人なのか?きっちり上げてくれるのか?が見られます。

会社からしても、お金を出して1ヶ月から数ヶ月の単位で契約して、更新するスタイル。
よければ、いて欲しいので単価をあげることもありますし、お金に合うほどことがなければ、契約は更新されません。
会社の風土によりますが。こればかりは会社によりけりですね。フリーランスの人を雇うことはされているので、受け入れるつもりはあるわけですが、いい人は残しておきたい、そうでなければ、お金がかかるので更新しない。
あとは人対人でいてもらいたいか?など、ここは一般的な感覚での人間関係と同じです。

あくまで、序盤1、2ヶ月の話しで、現場の人と打ち解けたらその限りではなく、融通してもらえることもあります。
本当に現場次第ですし、自分のやってきた仕事次第ですね。ここは会社員と変わらないと思います。

フリーランスの場合は、契約が更新されないケースがあるわけですが、仕事を上げるよう力を尽くしていくこと、あとは契約を決める前に現場の相性をきっちり精査することです。東京であれば、案件数自体で困ることはほぼありませんが、優良案件ほどすぐになくなります。自然なことですね。逃さないように、早く動くことです。

ぶっちゃけ務めてどうだった?

フリーランスエンジニアの経験は、非常に非常に大きいです。

個人として、自らの采配で動きます。なので、自由度が高く、会社員同士のしがらみの意識はなしです。
僕の場合は、進めたい仕事の方向があっても、上司の方から口が入れば、それに従わざるを得ないケースが本当に多かった。
会社という前提があるので100歩譲っても仕方なくないですが、それから解放されて自らの采配で動けるのは、本当に仕事がやりやすいです。

そして、お金の入りが大きくなりますが、税金関係を自ら支払うことになります。会社がやってくれていた分ですね。
口座を設定する手間くらいですが。

あとは確定申告。これはちょっとめんどくさいですが、自らの仕事関係のことを経費として扱えるのは旨味があります。
今ではソフトのシステムが充実してるので、気合いであげれば、なんとかやれてしまいます。
特にfreee であれば、ほぼ知識不要でできます。

あとはフリーランスというと、一目置かれるという見られ方もあります。
皮肉を言われることもありましたが、要は羨ましいだけです。本当はなりたい人もいますよね。

ここが大変だった。

僕は3社入って仕事をしたのですが、1社目は業務が回りきらず、1ヶ月契約を2回で終了。
2社目は元々の依頼の進捗が元より芳しくなく、最初に3ヶ月の契約だったので、満了までは仕事をして、終了。
3社目は元々4ヶ月というお話だったので、お引き受けして、4ヶ月で終わりとさせていただきました。

最初はまずフリーランスという形態になれる必要があります。いつもと仕事のやり方が会社員の時と違うわけです。
あとは現場の環境によりけりです。
思ったよりうまくいきませんでしたが、東京では案件が多くあるので、案件自体で困ったことはありません。
色々とやってきます。

フリーランスエンジニアをやってよかったかといえば、よかったです。

悪い労働環境から脱出しよう

安月給、ブラックで一生働きますか?フリーランスなら、月単位で高額な報酬が約束されています。
遠慮して安く設定させてもらう人がいるほどです。時間幅でお金が決まっていますが、時間幅を越えればお金は支払われます。
会社対会社の契約なので、未払いなんてことは起こりません。サービス残業は会社内での都合。タダ働きさせられるようなことを依頼されるようなら、まったく理解してない人。職場の精査を滞りなくやってください。
会社員であれば、会社から言い渡された職場に行かざるを得ないことがほぼですが、フリーランスは自ら選択できます。苦しい職場に居続けますか?自殺する人もいてどうしようもなくなって死んでしまってはいけないですよ?
自ら職場を選択できて、もし合わなければ自ら断ることも当然可能。最適な職場を探すなら、エンジニアはフリーランスという方法が最も良いんです。必ずこの場で合わない環境から抜け出す決断をして、2つのエージェントに登録し、抜け出してください。これ以上消耗しないでください。
レバテックフリーランス

ギークス