作業場所にお困りではないでしょうか?

何かしようと思っても、中々捗らない。どうしたら良いのだ。

それは、環境の問題です!

スタバ、ジムのラウンジ、コンビニのイートイン、廉価カフェ、ファミレスと、だいたい作業できそうな場所での仕事を試してみた結果、たどり着いた。

「仕事ほとんどできん。」

そう思いながらいつものようにTwitterを眺めていると、おお。

ほんまこれや。
イケハヤさんも確か独立してすぐだったと思うけど、渋谷のコワーキングスペースを借りて作業してたから、契約するしかねーかなーと何度か思わされていた時だった。

イケハヤさんブログ:渋谷駅徒歩30秒、コワーキングスペース「LightningSpot」がオープン(月額3,780円)

そういえばどこにあるんやろ?意外と近場にあるんかな?と思い調べたら、あった。
月額15,000円。

んまぁ、安くはないわけだ。

元々それで敬遠していたわけだし。

しかしまぁ、これはやれば効果が高いことなんて目に見えてることではないか。

そう思いながら、その調べた日、ちょうど予定があったので、道中のコワーキングスペースを探して、行ってみたら。

ただのコワーキングスペーサーになったのだ。

この確実に間違えている和製英語を使うくらいには気に入ったのである。

作業がぐんぐん捗り、今までの能率の悪さとは一体何だったのか、赤子が遊戯しているかサーカスの劇団がでかい駐車場を貸し切って演技を見せるかくらい違う。

かくも仕事の能率が上がるのならば、そりゃあ総合でプラス、それに気分もプラス。
餅は餅屋である。
専門の場所にお世話になる。何も、ごく一般的な考えだ。

そうはいっても、僕も紆余曲折あった身だ。ありがたみというのがよくわかる身なのである。

どこに行っても集中できないし、場所によってはちょっと嫌な顔される。

そりゃあ、談笑してるところに仕事してる人だ。
ミスマッチが過ぎるではないか。

そんな僕は今、コワーキングスペース枠にはめても良いであろう、自習室でこのブログを書いている。
調べたら出てきたんだ。
普通に勉強してる人もそれなりにいて、パソコンいじってる人は少ないけど、タイピング音を許してほしい。

そして、近場で一番環境とアクセスの良い場所を契約することにした。
さっきも言ったけど月額15,000円だ。

良さをわかった後だと、月額30,000円でも何とか出そうかと思うくらいの効果を感じている。

感覚的には、会社にいて働く感覚に近いのだが、YouTube見ててもSHOWROOM見ててもTwitter見ててもいい。
自分なりの気晴らしのペースを気兼ねなくしながら仕事ができて、あまりに快適すぎて仕事が娯楽になりかねない勢いである。

餅は餅屋。演奏の練習はスタジオ。
スタジオの月額プランでも普及すれば、もっと練習に集中できるのにと思いながら、楽器演奏専門の防音の賃貸を借りるべく、仕事してお金稼ぎまーす。

今は楽器演奏専用賃貸があるって、割と最近知ったのだけど、知ってた?
ラシクラスっていうんだけど。

ラシクラス

説明見るだけでも、音楽する人は住みたくてたまらなくなるから見てみて・・・。

作業場所はとっても大事だね、ってお話でした。

ちなみにコワーキングスペースは作詞するのに使うとか、使い方は色々ありそうだよね。