サンクコストバイアスって知ってますか?

つまりは、「お金や時間を支払ってしまったという理由だけで損な取引に手を出し続ける心理的傾向」です。

株なんかでも、一度儲かっていたものが下がってしまって元のお金より下がってしまった時に、
まだ上がるかも、まだ上がるかも・・・!って思って売らずに持っているだとか、
長く付き合った恋人とだから、関係を続けたい・・・!とかいったものです。

今日は一度見つめ直してみましょう。

改めて魅力に気づくかもしれないし、今は必要ないかも・・・?

人は時間やお金をかけたものを大切にしたい

これは、理屈を説明せずとも体感でわかると思います。

時間やお金をかけたものほど大切にしたい。

至極ノーマルな欲求です。

今本当に必要なのか?

今必要なのか?という視点で見るということ。

例えばレーシックで視力を直したのにメニコン(コンタクト)の定額プランに入ったままになっていないかとか。

その時は必要だったけど、今も本当に必要か?というもの・こと・人。

例えば彼女がいる人も、例えば学生の時は時間があって一緒に遊びに行くのが好きで楽しかったけど、
就職したり、どちらかが遠くに住むことになったり、といったことがあれば、同じ付き合うでも形が異なります。

今度の関係が友好なのか、お互いの人生の充実に置いて、例えば次の1ヶ月ならどういった絡みになるのかと、
未来を思考して、冷静に関係を見つめ直すといったことをするのもありと思います。

あなたが時間やお金をかけた好きなもの・人・ことは本当に好きですか?

もしまったく今スキルがない状態、として、またやりたいですか?
また欲しいですか?
それは本当ですか?
それを初めて手にした時の新鮮な気持ちを思い出してみてください。
その感覚と同じですか?
もしくはその感覚と同じように向き合えますか?

ただずっと時間をかけて、気持ちを込めてやってきたから、やろうとしてるだけじゃないですか?
本当に今それがなくなっても、直ちに取り戻したいですか?
いざなくなったらなくなったで、しばらくそれでもいいってことはないですか?

初心に戻ると言う意味でも、一度距離を置くって有効な手段だと思うんです。

そうでなくては未練たらたらでろくな行動を伴わないまま惰性ですぎていってきつい思いをすることになるからです。

例えば人によっては昔の苦労話をうまくいったあとの美談として語りますが、その苦労って必要な苦労ですか?ということです。

・どうしても作品が作りたい。これだけ作れば結果が見えてるんだ。だから貧乏だとしたっていいんだ。
・これだけ無茶してるけど、結果を出している。このトンネルを抜ければ、何かしらの結果が出ることは見えている。

といった何かしらの裏打ち。
ただ貧乏になればうまく行くとか、きつい思いをしたらうまくいくとか、って違うと思います。

きついのはきついんです。
その時きついんです。

何かうまく行くってわかってる前提なら、きついことも大した問題に感じないはずです。

きついなら、それはきつい状況にある。ってことです。

もし時間を、お金を、たくさんかけてその見返りを求めてるなら、一度関係をゆるくした方が良いです。

握り締めすぎて痛がっておりますよ。

それに、周りを見たらもっと楽しそうなことだってたくさん転がってますよ。

触れようとしなかっただけで。

そして、適切な距離感でまた戻ってくることもできるわけです。

それでもういいやってなったら、それはそれで気付きです。

サンクコストバイアスの危なさに気づいて、豊かで魅力的な未来に進んでいきましょうね!!!(熱)