世間にまだそれほど認知こそしてないかもしれないけどめっちゃいいよ、っていうのを紹介します。

まぁ認知度高いでしょう!とか認知されてないって失礼!的なのは置いておいて。

音楽好きな人のおすすめを知りたいぜーって人向けに。

ちなみに僕はYouTubeで音楽動画を再生して次の自動再生にポンポン飛んでいって
「こんなアーティストいるんだ!」ってことが新しい音楽を聞く導線です。

テレビは久しく見ていない。

あいみょん

個人的にバズってるアーティスト。

愛を伝えたいだとか


サウンドの中毒性の高さもさることながら、曲のクオリティに惹かれるものが半端ない。

「マジで僕に愛される気あんの?」というパワーワードが繰り出されます。

愛される側も準備いるわな・・・と気付かされますよ。

ワード自体かっこいいですよね。わたしは愛する気あんのにってニュアンスも暗に感じます。

「明日いい男になるわけでもないからさ焦らずにいるよ、今日は日が落ちる頃に会えるの?」
って、相手を認めて会いたい女の人ですよ。

これはキュンキュンきますね。

生きていたんだよな

自殺した人へ向けて、と、曲中は直接的な表現はしてないのですが、
自殺のことをテーマにした曲です。

引き込まれ具合が半端ではないです。

弾き語りじゃないバージョンもありますが、個人的にこちらがグッときます。

貴方解剖純愛歌 〜死ね〜

「あなたの両手を切り落としてわたしの腰に巻きつければ

あたなはもう二度と他の女を抱けないわ」

が出だしです。

他にも色んな部位がやられるので、聞いてみてください。

口が縫われてわたしだけのキスを味わうくらいならやられてもいいかな・・・(?)

Hump Back

何?知らないだと?イヤホンをつける資格ないぞ!!!

エモいの好きなのに知らないなんて!!

月まで

いいからこの1曲を繰り返し聴け。10回だ。サービスして5回でもいい。もう5回聴くから。

女性バンド最エモ賞を送りたい。

さよならポエジー

エモの括りでこちらを出すのはもはや必然。

前線に次ぐ

たくさんのことをあなたは忘れて置いてきたでしょう。

大丈夫。

ここにあります。

聞いてください。

あの時置いてきた感情はここにありますから。

あれ、なんか泣けてきた。

ロケ地はみんな大好き下北沢。

二束三文

やる瀬なさの中の強い希望、と表現するのがベストだと思いますな。

小休止

どうでしょう、正直ここまででもけっこう満足してもらえるレベルだと思ってるけどまだ欲しい?ですか?

僕もね、けっこう時間かけてたくさん聞いてるんです、そんな容易く教えられるわけあります。

次にいきましょう。

ただの小芝居です(てへ)

惜しみなく良いの聴いてくれよーーーー

MOSHIMO

100万再生越えの時点で認知度あるだろおらって声も聞こえそうですけど、ほら、なんかそこらへんのラインは察してください。
紹介したいんだよおおおおおおおおおおおおおお

命短し恋せよ乙女

どうですか、キャッチーかつぐいぐい引き込まれていきますよ。

どれも10回聴けばもう離れられなくてメンヘラみたいになれますから安心してヘラってください。

タイトルをテーマに書く曲、ってこういうことですね。

触らぬキミに祟りなし

キャッチーだ。
歌い出しからタイトルだぜ。

キャッチーの王女様ですよ。

猫かぶる

出だしでタイトルアナウンスのレベルでキャッチーですよ。

もしかしてあの子も猫かぶってるかもしれないですよ。

今のうちに歌詞をチェックして猫かぶられてないか確認しておきましょう。

1回目と2回目会った時で言ってること違ってることありますからね。ええ。

vivid undress

いいか、曲のクオリティが高いってこういうことをいうんだ。

シーラカンス

代表曲と言って良いだろう。
技巧とポップを兼ね備えてるのだが、構成も秀逸で引き込まれる。

10回聞いてみてくれ。

あとライブ行ったけどいいぞ。

ウララ

驚異的なクオリティの高さだ。
いいから聴けばわかる。

グッドボタンを押してる人の一人は俺だ。

サビの歌い出しのキャッチーさ、声の艶、とても良い。

あとロケ地が下北沢だ。

みんな大好き下北沢だ。

まったくいい街だ、下北沢。

おしゃれな人も多いぞ。

いっそ住め。うまく住めば家賃ピンキリだから。

僕が下北沢に住んで感じたメリット5つ

リーガルリリー

すまん、そこそここの界隈の音楽に詳しい人にはもどかしい想いをさせた。

なぜならまだリーガルリリーを出してないからだ。

このカードは大事にとっておいたんだ。

リッケンバッカー

あぁ、説明するまでもなく1回聞いてくれと言ってもいい。

言ってもいいけど、文字が打てるから説明しよう。

「君は音楽を中途半端にやめた」

なんてことを曲でやっちゃうのだ。

あぁ、胸に突き刺さるだけではない。

本人の決意まで感じるわけだ。

この曲書いて中途半端にやめるわけがない。

そんな力強さがある。

中途半端に音楽してる人全員にぶっ刺さるし、音楽してなくてもその決意に心揺り動かされる。

何かにぶれそうになったら聴け。その決意のぬるさを改めてもらえ。

コレサワ

ラストにふさわしいアーティストだ。

SSWとはこういうアーティストだ。

たばこ

この曲、じっくり聴いてくれ。曲のクオリティが半端でないのだ。
メロ、詩、半端ない。こんなに別れたあとの感じを表現した詩、それを彼の残したたばこから醸し出す。

そしてサビのキャッチーさだ。出だしのフレーズ終わってから「その言葉が」ってぐいっとさらに高音に持ってっちゃうんだ。

しびれるキャッチーさだ。しびれる。

あ、MVのたばこの行方も見てみてね。

ナイスイン。

あたしを彼女にしたいなら

入り口はこの曲がわかりやすいかな。

1回聴けばわかる、タイトルの通りだ。楽しいぞ。

SSW

「そんなあたしはシンガーソングライター君にフラれたくらいで生きる意味なくしたりしないよ全部ネタにするから」

そう、SSWは日常を切り出してネタにしてお金にする鬼畜生物だ。

迂闊に近づいて話したもんなら、その帰り道の電車の中で草案の歌詞を書き出す輩だ。

挙句次のライブでは曲として歌われているようなチータ並みのスキルを発揮する。

得意なセリフは「曲にしてやろうか?」だ

たまに「歌にされたくなかったらいうことを聴け」と言ってくる。

そのときは全力で喜ぶことが作法だ。ただし責任は取れん。

目指せ音楽知ってるマスター

いかがだっただろうか。

紹介しようと思えばまだまだある。
あぁしかし、まず初めて聴く人が取っついてみる、って意味では、厳選せざるをえない。

あぁ、そうだ、そのバンドもあのバンドも紹介したい。わかってる。知ってる。
目をみれば誰を紹介してほしいかわかる。
Twitterのプロフィールに好きなアーティストを書いてるからだ。
すまん、目じゃなくてネットで知ってた。

てことで、なんかいい感じのアーティスト知りたいって人は、ここを参考に聴けば、「お、知ってるねぇー!!」になれるからおすすめだ。
知らなかったら逆に「知らないの?」ってなれるから安心してくれ。

まずは10回聴くことだ。

YouTubeのページに飛んで、URLの文字列YouTubeの後にrepeatって入れてEnterをターンっ!ってすればYouTubeをリピートで聞けるからおすすめだ。

ちなみにそのまま眠ると1曲リピートの病にかかってしばらくその曲が聴けなくなるから注意な。

試しても頭もやもやするだけだぞ。

よし、それではこれであなたも押さえどころバンドを周到に押さえてる良い音楽知ってるマスターになれる。
さらに気に入ったアーティストをタワレコかAmazonかiTunes Storeで音源購入してライブハウスでいえいいえいすれば良いわけだ。

今日はこのくらいで勘弁しておくぞ。
またよろしくな。