明確な差は金銭の発生でしょうか。

んまぁ今のご時世だとこの括りで判断すること自体にナンセンスさを感じますが、
それを言っては3行で完結してしまいます。

なんでナンセンスかって、結婚しなければなりたたないようなことが便利な世の中になって
結婚しなくても成り立つってことなんですよね。

だから子供は欲しいけど結婚はいいやって心では思ってる人もいるわけです。

なんの話だ?

つまり、基準は「金」ですよ。「金」です。

なにが変わるっていえばそこでしょう。

おい綺麗事挟むなよおおおおおおおおおおお。

「金」ってことだろうよおおおおおおおおおお。

しかしもう、仮にですけど、「音楽」でお金を稼ぐ、ってことも、捉え方があるわけですよ。
ライブハウスでバイトしてたら音楽で稼いでるのか、CDの売り上げがあれば音楽で稼いでるのか、
ライブ映像が売れれば音楽で稼いでるのか、なんで音楽で稼ごうとしてるのか、どう活動したいのか、どうなったら音楽で
活動してるのかはらほらひれ

なんて言い出したら、ちゃちな基準に感じますよね

例えば創作して歌うのが好き!なら作って歌う時間が最大化したらいいってことになると、その活動をどうMoneyにするかってことだし、だからと言って四六時中歌ってたいわけではない!んだったら、まぁ注力レベル3割にして、他に興味があることは何かってことにもなりますし。

フルコミットするといっても他にも恋愛やらなんやらやってたりするわけですからね。

何か部分を切り取ってこれである!って定義してしまうこと自体ナンセンスだと思いますよ。

って、タイトルの答えですね。
そんなこと気にすんな」です。

なぜなら他が決めた定義だからです。

結婚って届け出せば結婚ですし、それに準じた法が適用されるだけです。

仕事とするとしても、テレビに出ることや事務所と契約すること、などが仕事という定義だったかもしれませんが、
今は個人の活動としてもテレビとかと同じとまでは言わずとも同等レベルの力も持ってたりしますからね。

その定義をすること自体が、思考を狭める危険性をはらんでいると言えます。

何かを生贄に捧げるのは勝手ですけど、生贄に捧げた後になにを召喚するか考えとくとか、しますよね。

僕なんて生贄に捧げてレベル8モンスター手持ちになかったですからね。(遊戯王風)

だから定義にはめ込んで何かするってこと自体が、もう寒いというしかない。

ここの冷房寒い。

だから、定義なんて決めつけなくていいんですよ。

アイドルが総選挙で結婚宣言するんですよ。

二人幸せに暮らしそうな空気プンプンしますよ。

なんの話だ?

定義や括りなどくそくらえって話でした。

思考や頭がすっきりしたら、世界もすっきりして見えると思うんですよ。

その人の頭の状態に自分をすることはできませんが、同じになるように電気信号送ればなるのかな。

今現実的なのはVRかな・・・俺VRでヘリ操縦するから・・・

あれ、めっちゃ面白そう・・・

墜落しないで景色を楽しむの楽しいだろ・・・

VRだけで全て完結する3年後の未来・・・

10年後とかどうなってんだ・・・

Googleの地図データで世界中をVRで歩き回れてそれぞれの位置情報を取得してバーチャルな世界で生きれるな・・・
あぁマトリックス・・・
まさか僕は産まれながらVRをつけてこちらの世界に来ているのだとしても知る術がない・・・
まさかゴーグルをつけているのでは・・・

なんともクリアな世界であるよ。