受け身じゃダメやで。

ってよく言われるけど、

・教えてもらってそれでうまく行くんやないのか?

・なんとかしてもらいたくて入るのに自分で動くって何?

・解決を求めてるのに解決方法を教えてくれないだと?

って言葉が並びます。

では、こう考えよう。

自分が何か教えるとして、どんな人にだったら自分の教えを伝授できるのか?

その答えは、言ったことをやってくれて、自分なりの着手した感触をフィードバックしてくれる人だ。

そうしたら回答のしようがある。さらなる活躍に向けてのアドバイスができる。

レッツゴー

俺もそのやり方しかしらねぇよ

正直、俺はそれでうまくいったからそうやってみたらいいと思って教えてんだ。

それで合わないんなら俺も教える術を持たねぇんだ。

他を当たってくれ。

な。

やらないならやらないどこうよ

やらないのは勝手だ。

俺は金をもらってるし困るわけではない。

これは他ならぬ君のために君がやってることだ。

やらないならやらないどくのがベストだろう?

やるならやろうよ

そう、だからやるならやろうよ。

やってどうだったか教えてくれよ。

それでもっとどうするか考えようぜ。

俺もここまでは来たからさ、俺なりに言えることってあると思うんだ。

だから教えてくれ。

俺も精一杯、どういけばいいか伝えるから。

それで見えた景色が素晴らしかったら、俺だって嬉しい。

君だって嬉しい。

ハッピーエンドだ。

途中の困難もあると思うが、そこを乗り越えることが、君が一番、二度と同じミスを繰り返さない力になるんだ。

だから、自分でやってみろ。

そして教えてくれ。

どうしてもお手上げなら、また相談してくれ。

泣き言も聞くけど、君の問題を解決することが優先だ。

我々は、この問題を終わらせるために取り組んでいるのだから。

まとめ

やるならとことんやろう。

やらないならとことんやめよう。