本当にダメになるから。

最近、意識高い系にお疲れではありませんか?

・毎日の習慣が大事

・その程度の覚悟ではダメだ

・中途半端が一番ダメだ

まさしく正論、僕もはたから見てそう言いたい人がいます。

だが、解決にならない問題がはらんでいる。

それは自分で考えよう。(終)

で次回作に回っても埒があかないので、ダメな自分を認める効用を考えてみよう。

もっともらしいことを並べるより、確信めいたものを提示する。

だったら何が完璧なんだよ

まずはこちらです。

ダメな自分、っていうからには、こうあるべき、っていう像があるわけです。

理想:掃除はテキパキこなし、買い出しは終わり、ゆっくりとふかふかの布団で眠る。

現実:布団で爆睡。

理想はまさに完璧です。

グゥの音も出ませんでした。

お前そのままでいいのかよ

出ました、今の自分じゃダメだろを攻める典型の攻撃です。

よくねぇから困ってるのに良いわけがありません。
それで困ってるんです。

その一言をいう3秒でこうしたらどうだ?って話の一つや二つしやがってくれ。

良いわけないじゃないか。

勘弁してくれ。

俺の中にある頑丈な鎖が立ちはだかってるんだ。

全て捨てた後に残る僕に自信がないんだ。

自分で選択した後のことは自分で責任取らないといけないからだ。

だから望む道なのに自分で選択しきれないんだ。

だったら、自分の問題じゃないか。

なんだ、何か教えてくれなんて言って悪かったな。

自己解決したよ。

ダメな自分認めたらなんのメリットがあんだよ

きました、上から目線の俺に意見をするなら何かしら俺にメリットがあるんだよな?論法です。

僕がよくしてしまって歯止めがきかなくて困っている論法です。

メリットなんて自分で考えやがれ!で終わってもなんなので、考えましょう。

何がメリットか?なんて、ダメな自分を認めなかった場合を一つ見てみましょう。

認めなかった例:
掃除ができなかった。でも忙しかったからな。

買い出しにいけなかった。でも疲れてたからな。

じゃあ認めてみよう。

認めた例:
掃除ができなかった。自分はどんくさいなぁ。

買い出しにいけなかった。なんか食わんでもいける気がする。

なんだか可愛げが出てきた。どことなく、応援したくなるような。
認めず自己完結されたら、手の施しようがないじゃないか。
忙しくならないように、疲れないように、って自浄するのもなかなかのハード要件だ。

掃除してくれる業者にお願いするとか、宅配を頼むとか、別のアイディアが出る余地が生まれるじゃないか。

自分でできた方が根治することになるね。

結論

ダメな自分は改善しよう。