ブログを書く事の最大の強みは、その時自分が何を考えていたかを振り返る事ができる事。

これで過去に自分がどんな気持ちだったかを見返す事ができる。

だから、もし忘れても、いつでも思い出せる。

 

新しい土地に来て、また違った形で世界に触れて。

新しい事をするのは、慣れてきた事と別の事をするわけで。

血気盛んに飛びついていきたいと思うし、今まで通りではなくどうするかってことも大切で。

 

先ほどは外でゆっくり横になってた。

流れるように過ごす事も最近はなかった。

楽しい雰囲気の場所は、楽しい気持ちを思い起こす。

 

やりたい事、やりたい事、と言ったけれど、やりたい事のために何を犠牲にするのだろうか。

危うく、失ってはいけないものまで失って、何も身近になくなってしまわないだろうか。

恋と同じで、盲目的に入れ込む事で、周りが見えなくなってないだろうか。

自分の意思の固さを示すためだけに、やりたい事を誇示していないだろうか。

 

そうは言っても、やりたくない事をやる理由にはならない。

やりたいと言って、本当に根っからやりたいのだろうか。

やりたいとして、どんな風にやるのだろうか。

本当にやりたいのその先の、やっていくって事が、できているだろうか。

 

それはなんにしたって、責任が伴う事だ。

何かをやるって事は。

誰かに認められるって事は。

 

今や自己実現の手段も増えたが、どれだけ自分のプライドを通せるだろうか。

そしてそのプライドは、自分の邪魔をしていないだろうか。

自分の強みを必ず伸ばしてくれるものだろうか。

 

僕の目の前には、はっきりしないものが広がっている。

 

僕は、夢とかこつけて、夢である事で、夢を守って、夢のために生きていたのではないのか。

その夢は、誰にとっても地続きに存在する道でしかないのだって解釈になるのなら、夢なんて単語を作らないで欲しいもんだ。

 

目標って単語だけで十分じゃないか。目標なら、設定した場所にいくための道筋を考えれば良い事になる。

まるで存在もしないものを空想して終わるだけでは、まるで叶わないようだ。

 

なんにしても、つまらない人間として腐るのか、素晴らしい人間として輝くのか。

その今ビミョーな立ち位置にいる。

誰か、過去の事例からどうなりそうか診断して欲しいものだが。

 

まさか、自分が今のこの時になって、こんな状態になってるなんて、夢にも思わない。

 

今思う事は、僕なりのこだわりは最大限に活かす事。

誰かの良さそうなものにほいっと触れても、何もうまくいかないし下手に影響されてよくない。

 

本当に必要なら、自分からちゃんと情報収集してしっかりしたものを作るよ。

 

だから僕には必要ないって事。

だし、目移りしてもいい事ない。

 

フォーカスした事に全力を注ぐ。

できる事と言ったら、それくらい。