音楽でよく言われるのは、下積み時代のきつい経験をよく取り上げられます。

貧乏生活などなど。

ハングリーな気持ちが呼び起こすものには、それ相応のものがあります。
し、それで生活するなら、それでお金を稼ぐか、その他から何かしら収入を作る必要があります。

親のお金だけで生活できる奇特な人は、そもそも音楽で厳しい世界ってルートを選んだ例は聞いたことがありません。

ところで、このハングリー精神は、確かに歌や行動に現れると思いますが、実際の行動がどれだけ伴うかも重要だと思っていて。

なかなか具体的なアクションに結びつかなかったのが実状でした。

ただ貧乏生活を経験してるだけ、とも言えます。

また、その生活のまま這い上がっていってみれて見える世界、も気にはなります。
音楽とは別の仕事で補填することにしたのですから。

だけど、あの状態でアイディアは確かに出たんですけど、そんな状態にならないと出ないアイディアだったかというとそうではないと思いますし、そういう時に出たアイディアだから大切にしたい、という気持ちがあります。

また、アイディアを出したり、行動を伴わせるには、時間や金銭を使える隙間が必要です。
お金がないとスタジオすら入るのも厳しくなってくる。

もちろん音楽活動を収入に繋げるのなら、スタジオ代は支出として、ライブはCD、グッズでいくらの売り上げで、と計上して
運営していく必要があるわけですが、そこも含めてお金が必要です。

弾き語りなら路上で演奏して日銭くらいは稼げても、CDをいくつか出してる、活動を3ヶ月など、ある程度の期間ずっと続けてる、などを経なければ、固定で大きめの収入を見込むこともすぐには無理。

もし路上で投げ銭、CDの売り上げで1日3000円稼いだとしたら、20日なら6万円。

あとは道行く人に声かけたりとか、工夫するにしても、工夫を考えるための計画を考える時間も必要。
としたら、今の自分の環境が整っていなければ、まず着手ができない。何も決めることなく、時間とお金に追われることになる。

貧乏生活自体もいい経験になったし、その時にできた曲には改めて見ると自分で引くくらいの鬼気迫るものがあるけど、
意思とは別に、実際に実現させるための動きも必要になる。
しかもその動きは、思いつき程度でうまくいくものではない。

路上演奏を20日やるっていうと、ほぼそのことが生活の中心になる。し、外での営業活動みたいなもので、様々なことにあう。
誰かがやってて良さそうだからと、ポッとやってすぐおkうまくいくなんてことではない。
実際にそれにいたるまでにヒッチハイクで回って力をつけてからその活動にいたることもあるわけで、
いきなり熱意があるからってどっとやっても、突然の落雷に突然死する可能性すらある。
経験者にしかわからぬ、はたから見た理屈だけでどうこう動かせる問題ではない。

そして音楽をしてる人には今ノリに乗っていて、着目してる人も多いであろう、ポルカドットスティングレイ。
MVが一気に注目を浴び、うなぎのぼりで再生数を伸ばし、メジャーデビューした。
僕はライブ2回見に行った。

ボーカルの雫さんは、ゲームプロデューサーの仕事の息抜きでバンドをしていたが、MVの監督を務めて、こちらも一気に売れて、
バンド活動の方にシフトした。
今の世の中だから、自分でMV制作が形にできて、福岡という地からスターダムに登った、今の世の中でできることを見事に体現した好例。

僕は路上演奏もそれなりに好きだが、真夏にずっとかんかん照りの中2、3時間も演奏って、単純に体が死ねる。
無茶してやることじゃねぇ、と思う。

てことで、じゃあどうやって売れんねん、って話だ。
なんもかんもこだわりを持って通すのもいいが、どうやって売れんねん。

僕は音楽もがっつりしたいけど、音楽をすることで貧乏生活したいわけじゃない。
お金も稼ぎたいし、音楽もしたい。

お金を稼ぐって、誰かに貢献することでお金を出してくれてお金が稼げるわけなので、要は世の中に価値を提供できてるってことで。

だからお金を稼ぐって、この世界をよくするぜって意味だと思って捉えてね。

それで美味しい者食べれたり快適な生活ができるわけですからね。
売れたいしいい生活もしたいですよ。

MVにしても、注目されるのは相当作り込まれてると思いますよ。
何を出すのが、どんな演出にするのか、相当練り練りに練って考えたと思います。
ぱっと出して売れ線出されたら僕は素人と自覚して死ぬしかありません。

というのは半分冗談で、練りに練ろうが練らないであろうが、それまでに積み重ねた経験が反映されて出てきてると思うわけですよ。

私の例で言えば、なぜバカの一つ覚えのようにただ遊びの予定を入れたり、仕事したり、帰ったらゆっくりしたり。
もっとやろうと思えばいろんなことができていろんな方法があったはずなのに、たくさんの難しそうな理由をつけては全部やらなくて困窮してたもんだから、はっきりいってアホです。自分で苦しむ選択して苦しんで、追い込んで何かを出そうとしてるわけですが、自ら追い込んで出てきたもの、も光ってますが、生活が崩れて何もできないことの多いこと。

だから、必要なこと、不要なことの線引きが甘いってことです。
お金が必要なら、まずがっつり仕事しまくって一気に稼げばいい。ひたすら打ち込んでお金をまず貯めればいい。

そして考える余裕が出てきたら、そのお金の内訳で、何をするか決めればいい。
そして音楽に使うなら、投資となる形でやればいい。(形だけMV作って、それが再生される見込みがなくて、仮にMV制作に10万かけていたら捨てです。MVに10万かけたら、どこで回収して、20万、30万、100万でも、どれだけの売り上げに繋げるかを計画立てておくことです。)
でなければ、運営で言えばお金稼いで捨ててるだけです。形だけ活動してるにすぎません。
だから、活動するならきっちりお金にすることです。
趣味で。って人や息抜きで。って人もいますけど、金稼げるなら稼いだ方が良いでしょう。ゆるくやって、お楽しみ会でやるのは学校の行事までで卒業していいんじゃないでしょうか。
学校の行事ディスってるみたいになったけど、さすがに金銭感覚を意識するのが難しい幼稚園とかそんな時の話です。
幼稚園でも気にする人は気にするのかな・・・。

なんにしても、何かするならお金にもしたいですよね。
もはや遊園地に遊びにいくそれにしたって何かしらでお金にしたいですからね。
「遊びを仕事にする」って、甘いって言われがちですけど、そういった行楽すらお金にするって精神でいるわけですから、
むしろ決まった範囲の仕事だけしてるよりいかにも仕事してますよね。

てことで、いかようにお金を稼ぐのか。100万稼いだらそれを200万にするには何を産むか。
もっと高次の投資として、活動を狙って展開していく。

いかにもヘビーですけど、全力尽くせば1日でもやれることたくさんあるし、そのためのPDCAを回して、やっていこうと思うところです。
一朝一夕ではないですが、今はめてるピースは、だいぶ面白いようにハマると思いますよ。
ただ、ギチッと結果や成果にはめていきたいなと思います。
やみくもに、セオリーをやるわけじゃなくて、強みを前面に出せる、強い活動を。

たくさん構想はありますが、うまくやるというより、確実にやる方でいくってことですね。

頭を最高な状態でフル活用できること、が成功のコツ。

あとはうまくいってる人の話をたくさん聞くこと。
と、もう遠慮はしないですよ、空気読んで空気になってばかりだったのでね・・・。