世界はイメージするように出来上がります。

願いは全て自分の思う通りに叶う。

なんて、スピリチュアルな話ではなくて、うまくいくと思っていたらうまくいくように動くし、
うまくいかないと思っていたらうまくいかないように動くから、
うまくいくように動けばいいわけで。

もう、うまくいったという前提で動けば、世界が反応してうまくいった後の世界として反応してくれます。

それが世界ですし、関わりの中でそういう反応になっていくわけです。

具体的な方策としてそうであり、その大きな夢のイメージを持てば、目の前の起こる、いやに感じることもあまりに小さくて取るに足らなくなります。

自分の思う通りに具体的に世界を変えていいというわけですね。

そのイメージを前にすれば、いかなることも、些細なことになって、そのイメージを現実に反映されるまでの動きが目の前で起こるわけで、
自分なりの世界が構築されていくわけですね。

イメージすればその世界にいける。

しかも確実に。

そんなわけないと予断を許すのは、イメージしてないです。

イメージすればその世界にいける。

イメージすればその世界にいける。

具体的かつ、もっとも確実な方策です。

テクニックより重要です。

イメージが先。

イメージは脳で作って、この世界に反映されるから、もっとも確実。

イメージの世界こそ「神」!!!

変な宗教に染まってるわけじゃないよ。

イメージした世界の通りになってる、それならなんだって素敵な世界としていくらでもイメージした方が楽しいってわけです。

イメージ力です。

全てうまくいくように、もうそうなったように振舞ってみよう。

目先の問題なんて、たいしたこと、ないんだから。