シンガーソングブロガーのヒロっち(@hiroxtuchi)です。

いわゆるゴール、なるものを見るわけですが、そのゴールまで、は歩いていく、何をしていく、様々な道で、
向かうと思うわけですが。

いざ、まず、自分の手元、に何があるのか?は認識せずにして、進むことは叶わず。

取り方を変えよう、自分の手元にあるものはそれとして、自分が何を生み出していくのか、その生み出されたものが、誰を助けていくのか。

けたたましい程の轟音ともいうか、全てと向き合う勇気を持たなければ、その全ては自分を受け入れてくれないのだろう。

そんな心境です。

今持っているもの

僕の蓄積しているもの、は様々あるわけで。
「それらを最大限に活かすことができない、のであれば、自分の場所にいるべきではない」、と。

取り方を変えよう、「自分の場所にあるものは、最大限に活かすべくして存在してもらう必要がある」、といえば良いか。

逆に捉えるなら、最大限に活かすことができないのであれば、持つべきではない、というわけだが。

あまりいい捉え方とも思えない。

そうであるならば、他に自分の場所にいるべき、と言う場所が、それぞれにある、ということだ。

少なくとも、今存在しているのであれば、そういうことだ。

だから、僕の持てるものを持って、いきたいと思う。

前向き、というよりは、事実、だと思う。

順番がある

僕に限った話ではない、と、おそらく、思っているが、なんにしたって順番がある。
その手順と違えば、戻って、戻って、なんとかする、ってことになる。
もしくは、自分の立ち位置を知る、とでも言おうか。

ただ、自分の立ち位置、って自分の中でもっと明確に、はっきり、しておくことって、できないだろうか。
急いてはことを仕損じる、というが。
何もせずいる時間をもったいないと思ってるうちは、もったいないの精神から離れられないんだ、と思う。

もったいないって基準は、なんだろうか?

例えば僕はギターはまず手放したくない。もったいないなんて価値観で測れるものではない。

ならば、もったいない、のであれば、もうもったいなくないんだよ、といいたいし、
素直な気持ちで、受け入れたり、受け入れたように受け入れなかったり、していけたらいいな、と。

時間と金と希望

誰だって自分の希望する道を歩んでいけるのが一番だ。
常に模索して生きてる。

僕は、時間やお金から解放されて、希望の道に進めるのがベスト、だと思ってる。

まだ、時間、やお金、に対して、こういう理由で解放された方がいいんじゃないか?なんて当てがうような、一つ一つの理由はあるけど、こう、もう気にする必要ないんだよっていう、そんな感覚にまでいけるようにしたい、と思ってる。
それが自分なりに説明できたらいいと思ってるし、相談された時にその人に適した形で伝えられるようになりたい、と思っている。

だから、「時間と金と希望」なんてタイトルになったけど、「希望と時間と金」にしていきたいし、最後に「希望」にしたいと思っている。

手放しに希望!と言ってしまいたいところであるが、勉強不足とも思える。
今はそんな気分。

今の立ち位置からの希望の構築、この文章だってそうだけど、今、希望を作っています。