出家するわけじゃないよ

1回のシャワーにガス代が100円ほどかかる。

1食食べれる。

半端じゃない。

ここは、ガスを使わず、水でシャワーを浴びてみようじゃないか。

コツとしては、一気に浴びないことだ。

徐々に体が慣れていったと思うところで、少しずつ水を浴びていく。

もったいない排水溝に流れる水

徐々に浴びていくのはいいのだが、冷静なまま、慣らしつつ濡らしていくと、けっこう時間がかかる。
はかってないが片足でも1分ほどかかってるだろうか。

「一気にじゃっと浴びてしまえばいいじゃん」

違う。

ストレッチと同じだ。

息を思いっきり吸って、吐いて、リラックスしながら徐々に体を伸ばしていく時にもっとも柔らかくなる。

なので、「あ、これ思ったより時間かかる・・・」と思い、浴槽内に移動した。

これなら水をためつつ続行できるし、片足だけ慣れてもう片足を慣らしてる間に、片足が慣れたのが抜けるのを防げる。

浴槽内にいっぱいの水

ずっとやっていくうちに、浴槽内に水がたまってきた。
徐々に水を体に慣らしていったが、浴槽に水もたまってきたので、ゆっくりゆっくりと浴槽に浸かることにした。

ゆーっくりだ。

そして首まで浸かる。

体を慣らしているので特に冷たくも寒くも感じない。

残るは頭だ。

これも一気にやるわけじゃない。

シャワーを出しつつ、徐々に頭を突っ込んでいく。

気持ちが焦ってはいけない。

こうしてシャワーを浴びている間も、いろんな考え事が頭をよぎる。

「あ、あれ急がないと」と思った瞬間、「少し早めに上がらないと」、と思うと、頭を早めに突っ込んでしまって
「うあ、冷たい!」となる。邪念を持ってはならない。

そして頭も洗った。
シャンプー?あれは皮脂をとってしまうから、使わない方で慣れた方が健康的になるとのことだ。
浴室入る前に調べた。
一時的に悪くなるらしいが、シャンプーなしの状態がデフォルトになれば、それでうまくいくらしい。

3日に1回など徐々に鳴らすのがベストらしいが、断食1週間までしちゃう僕がそれくらいでは動じない。

ましてや極端に人と会う機会も減ってる。

特に気にするほどのことではない。

シャンプー無し続行だ。

一応心配をかけないように、あえて一人の時間でたっくさんのことを考える時間を取ってるだけだ。

LINE返してなくてすまん。

話がずれた。

頭が冷える

冷水を浴びると、脳から指令が降りて血流がよくなるそうだ。
「危険やぞ!」的なやつだ。

これは断食の時にも言える。お腹が空いて飢餓ホルモンが発生して人体にいい影響を与える。
以前書いた1日1食の記事に詳しい。

元はと言えば、火を自由に起こすのは人間だけだ。

ましてガスを自在に扱ってさらにはお湯を作ることも自在にできてしまう。

それで暖かいシャワーを浴びれるわけだ。

神の英知なのか。

だからガスも当たり前、と言う前に、水で浴びてみることでありがたみを知ろうというか、
もとからあるものじゃ無いんだぞとも思うし、知るきっかけにいいなとも思い、水のシャワーを浴びてみた。

結果的には浴槽に水がたまったあとに頭濡らすためにシャワー出し続けたから、ガス代はかからなくても水代の方でかかっちゃったような感じもしたけど、上記の理由で特に気にしていない。

・・・一応調べたら、1リットルで0.3円ほどらしい。
50リットルとしても15円か。

50リットルなら1.5リットルペットボトルを35杯ほど注いでいくくらい。

それくらいは頭洗うのに使ったかな。

浴槽は人が入って160リットルらしい。50円くらいか。

最初に流してしまっていた水と合計して、80円くらいか。
長らく入ってた気がするので、余裕みて100円か。

ガス使うよりは安く上がってそうだな。

あとは水の資源的にどうか、とも思うところだが。

一体何の計算してるんだ。

滝行

徐々に濡れて、と言った、修行?のようなもので、焦ると冷たい思いをする。
から、自分の体や気持ちをいたわるように接するわけだ。
自分をいたわれて相手をいたわれるようになりますからね。

やっていくうちに、どれかの本で読んだ、滝行を勧められて、半信半疑で行ったらめちゃくちゃ良くて、
それ以来定期的に行っているという話を読んだことがあったことを思い出した。

きっと同じような話なのだろう。

滝行に行くと精神的にかなり強くなれるんだろうなあ、と思った。

体や思考のリセットにとても良さそうだ。

今は自分のアクションを練りに練って練って寝て練ってるからそちらにリソースは割けないが。

はたから見たらゴロゴロしてるだけに見えるような状態だが、鬼のように頭働かせてる。