断食4日目です。

きっかけは、先日紹介した心屋さんが断食がきっかけで変わったと言ってたので、やってみようと。

諸々のバックグラウンドの背景はあるのですが、路上演奏など音楽活動が充実してると、食べんでもいけるしむしろ心地いいくらいに思ってたのと、1日1食を基本ベースにしてたので、食べんでもいけるな、ということで。

日曜の朝ごはん以来、今日はコーヒーを1杯飲みましたが、あとは水オンリーです。

お腹が空きません。

体がおかしくなったのではありません。

月曜は渋谷を歩いていたので、「お、マック・・・・」とか、「あ、好きなラーメンの匂い・・・」と思いましたが、
まぁ思っただけなので、スルー。

いよいよ昨日の夜はご飯の写真を見て、「ご飯を食べてた時があったなぁ」と思ったので状況が伺いしれると思います。

イメージとしてはラクダが砂漠を超える時に栄養を蓄えて背中にコブを作って移動するようなイメージでしょうか。
体内に蓄積されたものを消費してるのか、だいぶ痩せましたね。

そもそもなんでやろうと思ったん?

欲から離れるためです。
色んな欲がありますが、いわゆる煩悩というのでしょうか。
欲が頭に浮かんで、それを満たす行動をとる時に何を考えているのか?ということです。

例えばラーメンのいい匂いがしたから、イコール食べる、の前に、一つ、今はその意識の欲を絶ってみることで、自分の明確な意思の元で要否を決める判断を取れるようになろう、ということです。

色んな欲をコントロールできるということは、選択肢が広がることに繋がりますからね。
行動を取るときの幅が広がるわけです。

コーヒーで揺らぐ気持ち

コーヒーを1杯飲んだら、水とは別の刺激が脳にいったので、「あれ、コーヒー飲んだらもう他のも許可していいんじゃね?」に対抗しておりました。
ご飯が美味しそうに見えてくる。
焼肉、海鮮丼、他他・・・。

でも、食欲、というよりは、「自分は食べていいんだ」とか、何か別の欲を元にしてる感覚です。
んー、そっちの欲なら今はコントロールするようにしてるから、ちょっとねと。

白湯に梅干し飲むとデトックス効果半端ないそうなので、断食終了したら飲もうと思います。
あとは菜食生活から立ち上げて、肉ボリボリ食べてお酒飲もうと思います。(そういって少食だったりして。)

あまり食べても、逆に断食が我慢してただけって立ち位置になると思うので、
本来なら今後はたまにちょこっと食べて、くらいの流れでやるのがベストなのでしょうけど、
今は肉食べるの楽しみにしてようかなーってところです。

断食で感じている効果

自分の欲をコントロールしてるわけなので、よくある色々な自己中心的な欲から離れられていると思います。

断食ってつまり、「そろそろ食べてもいいかな?」とか、「さすがに栄養取らないとね」とか、「運動前だからさすがにご飯食べた方がいいんじゃない?」とかよくある常識を帳消しにする行動でもあるのです。
つまり、あるべきという姿を一つ超える行為とも言えます。

なので食欲、と言うよりは、自分の中の常識と戦っていると言うか、向き合っているというか、そちらの感覚です。
お腹はすかないんですよね。

1日1食で体が慣れてる分もあるのでしょうけど、1週間、日曜朝から始めたので日曜のお店が開く時間くらいに食べるのをゴールにしようと思います。

今日は少し揺らいで焼肉の写真を見ましたが、見るだけで終わりました。

果たして終えたあとはどうなっているのか??
ご期待ください(人´ω`*).☆.。.:*・゜