本日は子供に演奏を聞いてもらう貴重な機会をいただきました。
とてもありがたいことです。

音楽はとても楽しくて、感性にダイレクトに伝わってくるものです。
自分の心情がそのまま演奏に反映されます。

そんな素敵な演奏ですが、純粋にいえば、演奏を聞いて、いいなって思ってくれる人がいる。っていうシンプルな話だと思うのです。

その周りに色んな話もつきもの、かもしれませんが、究極的には気にすることではない、と思います。

最近で言えば、人との出会いに感謝する日々です。

その人と話すわけでもなく、繋がっているという意識が芽生えるわけで、それはまだ出会っていない人にもそうだと思いますが、
繋がっていると思います。

最近、人と人が同化するような、同じ人なのだから感覚を理解できないということはないのではないか、と思うようになってます。
本音で話がきっちり聞けたら、まず理解できない話ってないと思います。

だとしたら、全員が全員を理解できるということ。

様々な都合で理解できないままになるケースも浮かぶかもしれませんが、それすらそういうことを選択したにすぎない、と思います。


一つ一つ、悔しいな、自分が普段、あの時、こう考えていたら、この時はこうなっていたんだ、って思うことがあります。

普段こうだよなって思うことって出るものなので、それはこの刹那の間に考えていることもそうです。


最近、自然体というか、思考のデトックスができてきてると思って、常識といったたぐいから離れて本来の感性を取り戻す流れに身を置いてると思います。

具体的には日曜の朝以来断食しててご飯を食べてないので、火曜なので3日目でしょうか。

水だけは飲んでます。

ご飯食べたいも幻想なんですよね。

日々の中一つ一つの感性を生まれた状態に戻してる感覚です。

知識だけついた赤ん坊って最強だと思います。