ギターに触れたこと自体は高校2年の時で、友人に音楽好きがいて、自分も好きだったので、エレキを買ったのがきっかけでした。
その時教則本を買いましたが、コード譜を読めず、何がわからないのか、何を弾いたら弾けるのかさっぱりで、弾けずに終わりました。

それから、大学に入学した時、YUIにハマりアコギの存在が気になっていました。
その矢先、祖母の家に小さいアコギがあり、人生で初めて生でアコギを鳴らしてみました。
コードも何もわかりませんでしたが、アンプに繋いでいないエレキのパリパリした音と違い、そのまま鳴らすだけで大きく、そして心地よい音がなった時の衝撃と感動ったらありませんでした。

その後、入学祝いの名目でアコギをねだり、初心者セットを買いました。
その感動を胸に、どう練習したもんかと思った時に、一番強く考えたのは、「弾ける人と同じように弾いたら鳴るわけだよな?」と思ったのです。

DVD付きの教則本を何度も見て練習した

ズバリ動画と同じように弾けば鳴るだろ理論で、ひたすら指の形や腕の曲がり具合など、ひらすら真似てみました
あとは反復練習。すると、その時には同じポーズしてても鳴りきらなかった音が、数日やっていたら鳴ったり、鳴らないと思い数日おいて力の抜けた状態でやれるようになった時にやったら鳴ったりして、弾けるように鳴っていきました。

教則本のDVDだと、コードの譜面も画面に出てくれていたりとわかりやすいと思っていましたが、YouTubeの動画にも優良なものが多くあるので、
そちらで練習するのもありだと思います。

また、一つの目標として、どの曲のサビをまず弾けるようになる、そして弾きながら歌う場合、ギター、歌別々で演奏できるようにして、テンポ遅くても、歌とギターで合わせて演奏できるようにする、という手順でやって、徐々に慣らしていくといいと思います。

コード譜と押さえ方の写真を見た

コードを本にまとめて指の形の写真もすべて乗っている本がありました。
その指の形の通りにおさえたら、鳴らないコードはないだろうと、その指の形そのままに鳴らしていました。

それでも鳴らない時は、腕の形や力加減、握り込み方がうまく調整できていないと思うので、それを念頭に押さえなおして音を鳴らすようにしていました。

ひたすらに真似て、同じようにしたら鳴るはずだ、という点から、諸々のうまくいってなさそうなところを合わせていく、という方針でやっていたわけです。

F(バレーコード)の関門

いわゆる指を倒して複数の弦をおさえる押さえ方ですが、僕は最初Fが鳴らなくて、「もしかしてFが鳴らない指なのではないか?」という発想に至るまでになりましたが、もちろん?そんなことはないです。
ふと弾けたのは曲を練習していてコード進行中にさっとFを押さえた時に鳴ったのですが、力の入れ具合や腕の位置など、様々な要素が重なって、うまく鳴っているのだと思いました。
できない・・って時はあえて触れずに力がちょうどよく抜けたタイミングで見てみると、さらっとやれてしまうことがある、ということですね。
どうやったら鳴るんだ・・・なぜ鳴らないんだ・・・の袋小路モードから、自然に押さえるというナチュラルな起点に戻るタイミングを取るのは、なんにしてもいいですね。
初心忘るべからずです。