宮崎に帰省してきました。

いつもであれば、予約した飛行機の情報は、Web画面をそのままコピペしてEvernoteに保存していました。
そしたらWeb画面の構成そのままに貼り付けれて便利です。

そして今回、GWなのもあり、予約で後手を取り、安い定番のソラシドエアを逃したので、JALで予約。

いつもの通り、時刻をコピペして貼り付けてた。
そしてクレカで支払いまで完了して。

搭乗当日、移動の電車内

いつものごとく、QRコードでピッと飛行機に搭乗するため、Evernoteを見直して、QRコードを取得しようと思ったところ。

「確認番号がない・・・?」

いつもならクレカで支払いした後に確認番号が表示されるので、それもコピペして貼り付けている。
のに、なぜか貼り付けていない!
慣れないJALを使ったからか?と思いつつ、その他で搭乗する手段を模索する。
QRでのスキップ搭乗ができなかったら、並んでお土産が買えないか、搭乗がギリギリになるなどの恐れがある。
Webサイトを見たところ、予約番号があれば検索できそうだ。

って時に、予約番号だってメモしていない・・・。
これは、受付に並ぶしかなさそうか・・・もしくは機械で他に予約を確認する手段があるかも、クレカいけるか?と思いつつ、焦る気持ちで飛行場に到着。
1手間違えるとヤバめなので、ANA、JALは別の乗り場と案内で確認し、確実にJALへ急ぐ。

受付に誰もいない

どれくらい並んでるだろう、と腹をくくる気持ちで受付についたが、誰もいない。なんで??
と思いつつ、機械を探す。

クレカ余裕でした

機械発見!メニューを見ると、「クレカ」がある。

押すと、「クレカを入れてください」とのこと。
入れたら予約内容があっけなく表示された。
なんだ。余裕だった。

番号などなくとも、簡単にクレカで発見できる、
いろんな手段での搭乗手段を準備している搭乗口に感服しながら、
クレカでも行けることを学習したのでした。(他の航空会社は不明で格安航空機もそうかは不明だけど)

確認番号があれば確実だけどね!クレカも行けて問題なくいけてよかったよ〜〜〜という話でした。

慣れた手順も抜け目なくね。