オープンマイクありがとうございました!
外に出て演奏するのはいい経験になります。

最近初対面の人と話した時に、その人はギターしてて、路上やってますか?
と聞かれ、話の流れから、確かに無料でフラッと好きな時に行って聞いて帰れるって
聞く側からしたらめっちゃ気軽にこれていいんやなと思った。

段階的に路上って確かに挟みたいね、と思った。
どんな活動していくかにもよって来るんだけどね。
MVだけで一気に注目されて活動している人もいるわけだし。
それはある意味映像作品的な意味での当たりの意味もあるわけで。

地道にいい曲書いてリリースして、なんていうのが定番なんだろうけども、
色んなこと織り込んで考えれば、早く結果は欲しいところよねぇ、と思う。

めっちゃ読み手にプラスがあるのか不明な感じになったけど、たまには普通の日記を許してケロ。

普段はまだ読んで足しになるように気にしてるけど、冷静になるとなんか・・・その・・・
意識高いだけなのもつらみだし・・・

一つ一つ気になってること試して、気づくこともあるけど、加速させるならすぐやってみる、しかないしそのための予定を組むしかないかなー、と思う。
乗り出すまでは、ちょっと海の中息苦しくても泳ぐくらいになるのかもね。
綺麗事が好きなので、それも楽しくやれたらいいのだけれども。

さいたまスーパーアリーナのRADのライブを見てきた。
アリーナでのライブは楽しいだろうなあ、と思う。
あと、そういうステージに立っても緊張しないようなメンタルって、身につけてみたいと思う。
そして曲を作って思うのは、音楽というもので勝負したいなぁ、ということ。

そういう意味でいえば、新曲って今まで滞っていたので、書いてはオープンマイクなど聞いてもらう機会を作っていったら、
面白いかもしれぬなぁ、とふと思った。
あとはグッズやら、とも思うが、ほんと単純に事業育ててるようなもんだよな、と。

はたから見たら大きくて輝かしいので、欲しくなっても、実はそれまでにたっくさんのことを超えてきたからそこにいるもんで、
気付かない人は気付かないんだろうし、気づいてないこともいっぱいあるんだろうと思うし、なら何が気づいていないのかってことで。

持論として、望んでいたらそれになるはずでしょ、っていう、いわゆる名著の「思考は現実化する」のように、思考に基づいたことが自分の生きるとこに
反映されていくので、それでいうならば思考を整えていけば、良いということになる。喧騒に紛れて消化していては、なかなか気づくことは難しい。
思考も整理しなければ気づく機会を持てないからだ。

失敗するのが不安と同時に、成功するのが不安、というのも聞く話だ。
成功って、仮に成功したあとどうするんだろうか、とも思う。
そこにいくことは楽しいしいいことなんだろうけど、ね。
その答えはまだ取っておくよ。

本で言えば、なかなか苦手だけど気にしたらよくなるんだろうなぁ、っていう「人を動かす」って本もいい。
本を読みすぎると、自分と本の思考の解離で混乱することもあるけど、実践と適度な摂取なら良いかな。
本の内容が実証がないまま試してると混乱するだけ、それは本に限らずそうなのだろうと。
新しい価値観は気づきも多いけど迷走は避けるべきところだ。

RADのライブ、面白かったなぁ。うん。楽しいし、うるっとくるし。

眠いけど、まだ寝付けない気がしている。