自分の力だけでお金を稼いでみる、という経験は貴重です。
どんな所に響いて来てもらえるのか、など含めてです。

お金の立ち位置

最近読んだ話に、「その人にお金を払いたくて払う」というのがありましたが、その通りだと思います。

お金ってもちろん持ち金で上限あると思いますが、本当に好きで溺愛していれば、融通きかせてでもなんとかするものですし、
逆に不安が残れば、ちょっと躊躇します。(お金は使うほど次の価値が生まれる元種になるので、使うほどいいのですけどね。それだけさらにエンジンにして何かを作れば、それがお金として回って行くだけであって、もともとは何かしらを生み出す上でやリとりするツールのようなものです。)

個人事業主になって感じることですが、自らの行動がダイレクトに稼ぎに直結し、誰かのもともと提示されてる額からの時間給ではない仕事もやってみていますが、つまりは成果に対しての対価、の形式でやっていますが、新鮮味もありつつ、なかなかハードな感覚です。
自分で仕事を管理して的確に進めていく必要があります。

会社員だと何をしても月額給料は同じ、やってなくても誰かに言われてやってみる、などいろんな外的要因に救われることもあると思いますが、
その辺りシビアだなと思います。

逆にいえば、それだけ力が試されますし、きっちりやることさえやっていれば、あとは自由ともいうわけです。

ランサーズ
では、自分で仕事を受注することができます。また発注もできます。

余力が出たら発注してみようと思いますが、今受注をしていて、3件受注して計5万です。
前の感覚だと5万こうしてネットから仕事受注して入る額としては大きく感じる気もしますが、正直足りてるとは言い難いですね。

しかしこれも偶然、というか、以前にブログのセミナーに行った時に、隣の人に話しかけてみよう!という場があり、話しかけて繋がったきっかけから、このスタイルでやってる人がいてノウハウを教えてもらったのですよね。
それからはけっこう順調なので、できてる人から話を聞くって、こんなにうまくいくきっかけになるんだ、って思います。

逆にいえば、やれてる人って色々とわかってるからやれてるわけなので、話を聞けば自分なりにカスタマイズして行動すれば結果ができる、
というのはシンプルな構図だよな、と思います。

また、本来では、何かサービスを立ち上げるのがいいんですよね。
システムでもアプリでもサイトでも、その辺りで。
そうしたら気に入った人が登録してくれて云々・・・と。

お金は結果の話なので、いいサービスができたら利用する人たちがいる、って話なんですけどね。
重要な話ながらあまり表立って話されないですよね。

ちょっと不思議ですよね、そういうことわかってやってる人たちがいるのに、なかなか前に出ないって。
もっと共有されて良さそうなものに、何が隠れているのでしょうね。僕としてはお金を手にしたら叩かれやすいからだと思います。
そして自ら貧乏になる叩き役・・。

自分だけでやるって、身の回りに起こることが自分の責任なので、刺激もあって世界も開けます。

スキルは次のスキルに足されていく

また、もともとはシステム開発でもなんでも、著作権が会社に帰属するわけなので、オリジナルが自分のものじゃないって、
結構な浪費だと思っています。人の繋がりもノウハウも作り出したものも会社に帰属して、残るものもありますが残らないものもたくさんあります。

Lancers経由で知り合った面白い人もいますし、こんなことしてる人いるんだって繋がりにもなるので、面白いし個人的な繋がりにもなりやすいでしょう。
所属団体の悪口的なことで時間を浪費することなく、自分たちが団体であり個人同士という紛れもない事実だけが残ります。

話が戻るのですが、セミナーで会った人との繋がりは、僕にプログラミングのスキルがあったことが一つ、継続的に関係を築くきっかけとなりました。
音楽の演奏技術などもそうですが、持っているスキルから人の繋がりってできていって、それが対人スキルだったり面白かったり、なんでもいいですが、
個人の持ちうる全ての技術(スキル)を活かして、次の繋がりに繋がっていくっていう連鎖が最高だし楽しいし、次のスキルに繋がっていくというわけですね。

システムに関しては話を聞けば次のアクションは想像がつくのですが、慣れないうちはわからないことがわからない状態で頭のはてなが多いので、
案外カタカナ語でイメージがついてなかったり、システム構成が頭に入ってなくて話が頭の中で結びつかなかったり、ツールの存在を知らずに
手をつけるにもひどく億劫に感じることなどあると思いますが、その辺りが見えてくるだけでも、視界は変わって見えると思います。

お金を起点に、と言うより、どんな情熱を持って何をやっていきたいか。
それこそ自分も誰かも熱くする原動力です。

そのための知識や行動などは頭に入っている方から聞くのが一番近道ですが、地頭を強くするのは自分なので、インプットとアウトプットの行動を絶えず
ループさせていきたいと思うところです。