何か自分にとって不都合が生じたときに、嫌になることがあるでしょう。

その結果、許すか、責めるか。

どちらもするべきではないのですね。

空気感で理解するものです。

許すと自分に嘘をつきますし、責めると相手が嘘をつく必要が出てきます。

だからお互いにおkなところを引き出しつつ、うまく重ねる必要があるのですね。

許すも責めるも贅沢

つまり、許すも責めるも贅沢なんですよ。

限度や、ふさわしい程度をこえること。また、そのさま。

限度を超えているんですね。

許すって、相手に許可を出すってことですよね。
許可を出すって、上下があるわけです。
親や上司に許可を出すって違和感があるように、そこに上下関係が発生している。

そもそも上下なんて本来的にはありません。

また、責めるのも自分が正しいという前提のもと、話をすることです。

そこに相手が存在しえないのです。
話を聞くことを放棄しているとも言えます。

だから触れちゃいけないレベルで話が飛んでいってるってことですね。

その一線を超えてしまうと、もう上下の話になり、本来の話とは別の話題にすり代わってしまうでしょう。

仮にやられた側だったら、同じ土俵に立たないことです。

要するに生殺しですね♪
自分で気付いてもらうしかないし、本来の話と別の話をして無駄な時間を消費することもありません。

もし疎遠にできるならその方がいいですし、なかなかできなさそうであれば、やはり最初からそうならないように
立ち回るしかないです。

結局責めって、相手を理解する気のない、独自の解釈なんですよね。
それを理解してくれって伝えるのは、どうでしょう。理解する気がないからそう言った行動を取られるのです。
それならば、それをしてしまうことで何か嫌な気持ちになったり損したりと、振り返るきっかけが必要なんですよね。

当たり前ですけど、本人の主観の解釈によるものなので、自分で気づいて見方を変えるしかない。し、それをお願いして強制することもまた責めることになり同じ土俵に立つことになります。

何か問題があるということ

なんにしたって、2人の関係性に問題が生じていることは間違いありません。

どちらかが何かを毀損しない限りは、まず問題は生じることはないし、平坦とした生活が続くはずです。

それが正常に機能しないのなら、問題ありです。

元来、平坦とした生活こそ、問題がないので、ベストなのですよね。

何でもなく普通に生活出来ること、心身が健康で生きれること。

その問題のきっかけを作ったのがこちらか相手か、問題としだしたらよくわからなくなってきますが、火消しが必要とは言えそうですね。

それを気にするのか

気にしなければいいのですよね。問題が深化したら手間ですが、究極的にはどんな状況であれ完全に逃げられない、ってないんですよね。
それだけの状況になってしまったなら、逆に何かしら見過ごしてきた自らの問題となるだけ早く向き合うしかないです。

そんな重度でなければ、気にせず自分の方向に邁進していくのがいいでしょう。

大体、なぜその人との問題にとらわれる必要があるのでしょうか。

自分の人生の足を引っ張っているのに、なぜそれでも向き合う必要があるのでしょうか。

それは利害があるからでしょう。

もっと自分の希望する健全な利害関係を構築しているのが良いでしょう。

また、そこに至るまでに、その前段階で問題を起こす必要もありません。
静かに去りましょう。(余計な労力や徒労を消費する必要もありません。次へのエネルギーを取っておきましょう。お節介も必要ない。)

責める、許すの線引き

どこまでが責める、許すに感じるのか、ってところですね。
ただ基本的に相手を思って言ってることじゃなければ、アウトですし、思っていても相手にとって解決策になっていないのであれば、アウトなのです。
だからかなりシビアなラインなのですね。

相手の気づいていない、だけどそれを知れば希望となるようなことを提案するのです。
なっかなかのラインです。
相手をよほど理解して、自分の手持ちで手助けとなるものを差し出せるか、もしくは自分の人生経験がプラスに作用するか。
しかもそれが相手にとって最良の結果であるのか。

だから助言って99%当たらないんですよね。
当人が考える問題だし、望んでいることじゃないだけで、もうアウトなんで、相手が言ってもらいたいと思っていることじゃないとダメなんです。
しかもそうでないなら、自分的に都合が悪いから相手の都合を変えようとしてるだけです。
アホです。

最近よく見られますが、自分がその能力に及ばないから、他の人の方が落ちてくれっていうケースですね。
自分のやる気を奮い立たせてくれているきっかけでもあるはずなのに、それを落とすことで自分を上に立たせるっていうのは、
上下で見ている上に相手を下げようとしてる。

それぞれで活動してればいいんです。

悩んで相談したくなったら、相談するのですから。

ただの自己都合ではないですか?相手は希望していますか?
無理してないですか?自分の未来の可能性を低く見積もってませんか?

そう自問すれば、希望してる道は見えます。