ブログはなぜ書くのでしょうか?

私の場合、スタートは自分を知ってもらうためです。

有名なアーティストだと取材してもらってそれがそのまま記事として掲載されます。

個人間でそういうことをするのも面白いと思いますが、一般で普通に生活していてはなかなかそう言った機会はありません。

なので自分で自己紹介でもするイメージです。

もちろん動画配信をすることもできるし、広げ方はいくらでもあるので、あくまで一つのイメージ。

僕が発信しなければ僕の記憶の中だけの話ですが、ブログで記録として公開することで、読者の認知の中における、という目的もあります。
単純に知ってもらえてたら嬉しいかなと思います、親や恋人など大切な人が自分のことを深く知っているがごとく、深く知ってもらえるきっかけとして書いていけたらと思います。

ブログを書くことで、自分を積み上げていくことができます。

学生の時、こういう自分だった、こんなことをしていたというのは、その時の友人だけが知っている限定情報になってしまうかもしれません。

しかし、ブログに全て書き記しておけば、後から誰かがそれを見て、知ることができるのです。

実はこんな自分もいる、そんなことを知ってもらう機会をブログで作ることができる。

昔からその人を知っている、どんなことを考えているか知っている、こんな時こういうことをしそうと知っている。
そんな人と、深く仲良くなっていくことが多いのではないでしょうか?
どんな人なのかがわかる、わかっているということ。

それをブログでは表現できる。

しかも、自分がどんな人間かを説明する役割も担ってくれます。

そしてどんな人かわかって、思い入れが深くなる。
10年来の旧友のように、知ることができる。
実際に会って、仲良くなることもあり得る。

友人と遊べない時間的都合ですら、ブログに置いておくだけで、その人の今や、状況を知ることができるし伝えることができる。

これは、関係性を作っていく上で非常に有用過ぎることです。

自分の好きなこと、悩んだこと、実はこんなことを思っていること、それを発信することで、共感だったり、その人がどんな人だったりを知れる。

そもそも、人で悪い人っていないと思うんですよ。
どんな人、趣味を持っていて、何をしてきていて、何に困っていて、何をしていたら楽しいのか。
そこあたりを知ったら、同じ人間であることがわかって、親近感が湧いたり、好感を持ったり、愛着が湧いたりしてくる。
当然同じ人間なんですけれども、思考パターンがわからなかったり、実はこんなところあるんだ、こんな感じかも・・・なんて時は、
まだ深く関わるのをためらわれることありますよね。
それがブログという入り口でどのような人かを自己紹介しているとも言えます。